審査が通りやすいクレジットカードがあるのって・・・

国立競技場問題と言い、エンブレム問題と言い、2020年の東京オリンピックって大丈夫なの?

いつの間に日本ってこんな国になっちゃったの?って思う。他所の国のこと、笑えないじゃん。

東京オリンピック、そこまでしてやらないといけないかな。もうやらなくていいよ、という気分だけど、ここまで事態が動いているから、やらざるを得ないんだろうな。

福島のことだって、それまでに終結するんだろうか。

エンブレム問題では、「誘致のときのエンブレムをそのまま使えばいいのに」と言う声が多数なのに、誘致のエンブレムはそのまま使えない決まりなんだってね。公式スポンサーとなっている企業は、その対価としてオリンピック・エンブレムを商品や広告に使用する権利を得ているわけで、すでに流布している誘致エンブレムではその独占権(っていうのかな?)を確保できないかららしい。

エンブレムを決める際の審査方法だってそうだよね。もっと審査の過程に透明性を、と言われつつ、応募の作品を審査過程で公表することは、先に商標登録されてしまうおそれがあるからできないとか。

何でも、お金、お金なんだな。純粋なスポーツの祭典じゃなくて、巨大なお金の動くマーケットになっていて、ちょっと白けるよ。

審査甘いクレジットカードが存在するのだって、要はたくさんお金を使わせたいからなんだよね。だから、本来は持たないほうがいい人にだって、持たせてしまっているような気がするよ。

・返済周期
以前の闇金であれば10日、1週間などの周期で返済をしていくのが主流でしたが、ソフト闇金では2週間やそれ以上の周期で借りることができますので、付き合いが長くなって信用が出てくると1か月周期で期間を設けてくれるところもあり、周期だけで見ると普通の消費者金融と変わりがありません。

また少し遅れそうな場合であっても相談をすることで期限を延ばしてくれる所もありますが、延ばせるからということでのんびりしていると、ソフト闇金であっても取り立てが始まります。

・融資金額
基本的に小口の融資が多くなっており、まず少額でしっかり遅れることなく返済ができているのかを見た上で、信用できると思ったら金額を上げての融資ができるようになります。

例えば3万円から始まり、何度か融資を繰り返すと金額が上がり、10万円以上も借りることが出来るようになります。

・取り立て
闇金の取り立ては脅しのような怖い印象があり、返済を延ばすことになればさらに高額な請求が来るというイメージがありますが、ソフト闇金は返済が遅れそうな場合にはあらかじめ連絡をして相談すると返済日を延ばしたり、取り立てが以前の闇金と比べると優しくなっています。

【引用】http://www.ftjrw.net/